第一学科:学科のご案内

先輩からの一言

学科のご案内トップへ

今野 唯 3年生(平成26年度入学)

 埼玉医療福祉会看護専門学校は、医療施設である丸木記念福祉メディカルセンターや埼玉医科大学病院などの敷地内にあり、非常に恵まれた環境にあるのが特色です。
 講義は、専任教員をはじめ大学病院の医師や看護師の方々が臨床での体験をふまえながらの講義をしてくださるので、充実した授業を受けております。実習は、特定機能病院である埼玉医科大学病院や丸木記念福祉メディカルセンターで実施しています。そこでは最先端の医療を実施していますので臨床に必要な知識や技術を学ぶことができます。また、地域の様々な施設での看護活動を通して、地域における保健や医療、福祉の実際にも触れることができます。
 私はこの2年間、同じ夢をもつ仲間と切磋琢磨しながら講義や演習、実習などを通して、看護・医療の基礎的な知識や技術の学びを深めてきました。
 丸木記念福祉メディカルセンター、埼玉医科大学病院の関連施設では、「限りなき愛」を基本理念とし、「Your HAPPINESS Is Our HAPPINESS」のミッションのもとに患者さんを第一に考えた看護を提供できる看護師を目指し、4月から新たに始まる実習を通して更なる知識・技術を身に付けたいと思っています。
 看護師を希望されている方は是非本校に見学にいらして下さい。そして私たちと一緒に看護師を目指しましょう。

木榑 佳祐 2年生(平成27年度入学)

 本校に入学してこの一年を振り返ると、講義や課題、サークルや行事などでとても大変な一年であったと思うと同時に、今までの人生で一番充実した一年であったと感じています。
 はじめは女性ばかりの環境に不安を持っていましたが、同じ夢を持つ同志に男女の壁は想像以上に少なく、今では居心地の良い環境に思えています。
 一年生の間は学校での講義や演習が中心となり、実際の患者さんと接するのは一年生の終盤の一週間の基礎看護学実習ですが、その一週間がどれほど有意義なものであるか実感しました。患者さんへの看護は教科書通りにはいかず、いままでの自分の意識の低さを痛感したりと学ぶものが多く、今後の講義や演習に対する取り組み方を見つめ直すきっかけになりました。
 本校は、丸木記念メディカルセンターや埼玉医科大学病院をはじめとする医療施設に囲まれているため、本校の講師は臨床で働いておられる医師や看護師です。そして、教科書には載っていないような最先端の医療を学ぶことができます。教科書では分かりにくいことも経験豊富な講師陣が授業してくださるので、分かりやすく理解を深めることができます。
 看護師を目指す最高の環境がそろっている本校で、理想の看護師になる夢を一緒に叶えましょう!